便秘で悩む人にとって意外に効果的なストレッチ

2312月 - による 後藤 ロレンス - 0 - ストレッチ

便秘には色々原因がある

便秘は多くの人が悩む症状の1つです。

特に女性では多い傾向にあります。

 

便秘には原因はさまざまあります。

 

 

たとえば肉食が多い多い場合や、運動不足、血流不足、睡眠不足などたくさんあります。

摂っている食事が偏っていても便秘にはなりやすいです。

また、腸関連の病気でも便秘は起きます。

 

 

 

病気の場合は自分一人では解決はできません

重大な病気のガンの場合で便秘ということがあります。

 

腸内のガン細胞のせいで腸の機能が本来とは違う状態になってしまうからです。

この場合は下痢も起きることがあります。

 

血が混ざることもあります。

 

 

そのようなことが起きていると自分一人で解決しようとはせずに迷わずに病院に行ったほうが早期での処置が可能です。

 

 

 

病気以外の原因

では病気以外での原因というのも存在します。

 

 

ここで取り上げるのは腸内というより、腸の活動にフォーカスして解説いたします。

 

 

胃腸は本来は動きというのがとても必要な器官です。

胃腸はそれ自身が自律神経のコントロールで自動で活動しています。

 

しかし、自律神経のコントロールでも補えない状態があります。

 

それは運動不足や、血流不足です。

 

 

またはそれらが同時発生しているときにも起きます。

 

 

 

腸の特徴

腸は体内では最長の臓器です。とても長いです。

 

口から入った食物は胃を通り、十二指腸などを通り、まずは小腸に入ります。小腸が一番長いです。

 

この小腸でも消化が行われ主な栄養素が吸収されていきます。

 

そして長い旅路を終えて大腸にたどり着き、結腸、直腸へとむかい排泄されます。

 

大腸は主に水分の吸収や調整を行います。

 

 

大腸は比較的表層に存在しています。

 

 

小腸大腸は数多くの腸内細菌によってバランスが調えられて出来上がっています。

 

 

 

便秘を解消するには

では便秘を解消するにはどうすれば良いのでしょうか。

 

 

上記に説明しましたが腸内はあらゆる腸内細菌が存在します。善玉も悪玉も。

 

そして腸も血流が大事になってきます。

 

血流が滞ると腸内の活動が遅くなったり善玉の腸内細菌の環境が悪化したりします。

 

そうなると腸が正常に活動せずにスロースピードになってしまいます。スピードが遅くなると腸内で食物の発酵が悪化してしまい、ガスも溜まりやすくなります。

 

 

血流が低下すると腸内環境が悪化してしまうのです。

 

さらに消化物の最終地点の大腸は体の表面近くにあるのですが、運動不足だったりすると、運動刺激が減ってしまい、腸の流れが遅くなってしまいます。

 

 

そうならない為に血流と運動刺激を腸には与えてあげる必要があります。

 

 

 

その一つにストレッチがあります。

 

特に腰回りや股関節、脚の筋肉のストレッチは骨盤回りの血流や運動刺激には有効です。

 

 

腰を伸ばしたり、横腹を伸ばすと血流が巡り、運動刺激もダイレクトに腸に伝わり、腸の活動が促されます。

また、腸腰筋というインナーマッスルは腸内を通過するように存在しています。

その筋肉をストレッチして外部刺激を加えると腸内の血流や活動が活発化して、お通じの通りも促されるようになるのです。

 

 

 

まとめ

便秘にはさまざまな原因があります。

 

 

重大な原因にガンという病気が関わっているときもあります。その時は下痢も同時に繰り返すようになります。

重大な病気の時には自分一人で判断せずに病院に行くことをオススメします。

 

 

しかしそれ以外では血行不良や運動不足が原因であったりします。

 

 

腸内は数多くの腸内細菌で成り立っています。その腸内細菌も血流によって環境が左右されます。

 

 

また、腸内を通っている腸腰筋や腰回りの筋肉、お腹周りの筋肉がストレッチされて血流も促されると、外部運動刺激や血流により腸の活動も活性化します。

 

 

 

ストレッチを行うことで腸内環境が正常化していくのですね。

 

 

 

気に入っていただけましたら、いいね、シェア、コメントお願いいたします。

ご意見などもありましたらコメントからお願いいたします。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください