武術が体にもたらす、素晴らしい効果とは?

512月 - による 後藤 ロレンス - 0 - ☆ブログ記事☆

武術の動作はどのように下半身の強化によいのか?

武術の動作は下半身にも良いのは明らかですよね。

太極拳が高齢者に人気なのは理解できます。

太極拳も武術だが、あのゆっくりとした動きは関節への負担が極めて低いです。関節を痛める時は勢いよく動いた時だからです。それと違って太極拳はゆっくりとしているので、突然の関節への負担はありません。

 

太極拳は様々な流派があり、それぞれで少しずつ違っています。ゆっくりとしたイメージの太極拳も実は立派な武術で素早い動きもあります。あまり知られていません。

現在高齢者やカルチャースクールで流行っているゆっくりとした太極拳はほとんどが24式と言って、健康を目的として作られた部類なのです。

 

本格的な武術をやらない人にとっては健康のための太極拳はとても良いですね。

 

太極拳だけではないが、武術の動きには下勢と言って低い姿勢になる要素があります。また、基本歩形の馬歩や弓歩などは体勢を低めるのでスクワットのような効果があります。それだけではなく、バランスや全身の連動などを考えると単なるスクワットよりも身体に与える効果はとても大きいと言えますね。

 

何事も基礎が大事と言われますが、武術はまさしく下半身が基礎となります。土台ということですね。

 

下半身が安定しなければ全体の動きも安定しません。足の踏み替え、体重移動、止まる時はしっかり止まるなど、スムーズに行えないとつまずいたり転んでしまいます。動きがぎこちなくなってしまうのです。

 

武術はそれらを全部意識して動くので必然的に下半身が強くなってきます。

 

 

 

更に下半身だけではない!こんな効果も見込める!

武術は姿勢、バランス、軸、目線、リラックス、呼吸などたくさんの必要な要素があります。習得には時間はかかりますが、その過程でかなりの身体的な成長が見込まれます。

スクワットや腕立て、腹筋などの筋トレはむしろ武術のための補強トレーニングに使った方が実際に使える身体になれます。

武術をやっていることで必要な筋肉にも気づくようになるのです。

 

また、武術には片足で立ってキープする動作もあります。これはかなりバランストレーニングには効果的ですね。武術を長年やっている高齢者は年を取っても姿勢がよくて、元気ですよね。それも武術の影響だと思います。

 

デスクワークなどで運動不足を感じている人はかなり多いと思しますが、激しい運動やランニングはしんどいばかりか、下手に行うと膝などすぐに痛めてしまいます。それを考えるとゆっくりとした動作で武術の動作を行うことはそれ以上の効果が見込めるのではないのかと思います。

ちょっとした仕事の息抜きで武術の動きをすればスッキリとし血流も良くなりますね。呼吸も取り入れれば脳もスッキリリフレッシュですね。

 

 

 

武術を普段づかいするには

何も難しいことをする必要はありません。

武術とは日々の積み重ねですから。

 

例えば歩きながらや立ちながらでも良いですね。特に一人でいる時にはゆっくり動くことを意識してやってみても良いですね。

足をあげる時もゆっくりと。想像以上に大変なのも実感すると思います。

 

足を下ろす時もゆっくりとです。

 

また、信号などで立ち止まった時などは、呼吸を深く意識しながら、外からは分からない程度で片足を地面から浮かしてみましょう。1mmでも浮いていれば大丈夫ですよ。

 

 

 

武術はこのように考えるとやはり日常生活において溶け込ませることにより、武術の恩恵をいっぱい受け取ることができますね。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください