仕事に家事、育児、介護と心も体も疲れて余裕が無いときは

2911月 - による 後藤 ロレンス - 0 - ☆ブログ記事☆

放っておくと危険?

心の健康は全身の健康につながっています。現代ではなにかと忙しいことがとても多いと思います。そうなると心のゆとりが失われることが多くなると思います。

人間の身体は何かが起きてもなかなか反応しないで陰ながらひっそりと耐えることが多いです。

 

目に見えるケガや流血、打撲、骨折、捻挫、ぎっくり腰などは痛みがありすぐに分かるのですが、目に見えないダメージは気付くまでに時間がかかります。

気付いた頃はかなり症状が進んでいることもとても多いのです。

 

症状が進んでからでは治すのも大変になってきます。時間もかかります。特に心の変調は気付くのに遅れがちで、気づいてから治すのにも時間がかかります。

そうならないように心と体のケアは常にしてあげて、労わってあげることが大切です。

 

でもどのようにしたら良いのでしょうか?

 

心にゆとりが出れば体も楽になる

アプローチとしては体からアプローチする方法と心からアプローチする方法があるのですが、当然同時も可能です。

ポイントとなるのはリラックスすることです。でも、普段から忙しくてなかなかリラックス出来なかったり、そもそもリラックスの仕方を忘れてしまったりということも多いと思います。

 

リラックスすることは非常に大切です。

 

そのためには呼吸を意識してみましょう。

まずは深呼吸をしてみましょう。作業の合間やちょっとした合間に大きく吸って吐いてを繰り返してみましょう。肺大きく空気をため込むようなイメージで。できれば楽な姿勢で。

 

さらに前進を伸ばすために背伸びしながら大きく吸って吐きながら戻るをくりかえしてみましょう。

体をねじりながら吐いて、戻る時に吸ってみたり、横に倒しながら吐いて、戻しながら吸ったりしてみましょう。

 

呼吸は心とも繋がっています。ゆっくり呼吸することで心も落ち着きます。そして体の筋肉を伸ばすことで血流も良くなり、疲労もとれてきます。

 

ゆっくり呼吸をしながらストレッチしてみると想像以上に気持ちが良いものです。

 

リラックスできる音楽とともにするとさらに気持ちいいですね。

 

一日の終わりや休憩時間の時にしてみてください。

 

心や体いつも張りつめているのを解きほぐしてくれます。

 

 

体は全てがつながています。どれが崩れても良くないですし、逆にケアするときは全身がつながるようにケアしてあげるとバランスも調ってきます。

 

 

まとめ

とっても忙しいと心も体もケアをおろそかにしがちですよね。というより忘れがちです。

そんなときはリラックスをするのが良いです。でもリラックスの仕方も忘れてしまっていることもあるので、そういう時は呼吸をゆっくり意識してみましょう。

 

ベストは出来るだけリラックスした環境ですが、作業の合間や休憩中、一日の終わりにでも良いです。

少しでも良いのでやってみてください。

 

落ち着いてきたら全身もストレッチしてみましょう。背伸びなどもとても効果的です。

 

 

全身は全部繋がっています。バランスよくすることで心も体も調ってきます。

 

呼吸と全身を伸ばすことを同時にすると想像以上に気持ちが良いのでやってみてくださいね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください