食事を楽しむために習慣にした方が良いこととは?

2611月 - による 後藤 ロレンス - 0 - ☆ブログ記事☆

本来食事は楽しいもの

本来食事というものは楽しいものですよね。

 

しかし、最近では食事を楽しめない人が多いように感じます。

 

それには様々な原因があると思います。ダイエットやストレスなどは代表的なものだと思います。

 

人間は生きるためには食事をしなければいけないですよね。それを楽しめないとなると辛く感じてしまいます。食事にはコミュニケーションの良い道具という側面もあります。食事は親しい人と会話を楽しみながらすると美味しさも倍増しますよね。

食事の持つパワーはとても大きいと思います。

 

 

 

医食同源という言葉

医食同源という考え方は古来中国から来ていると言われています。

 

簡単に言えば食べるものと医療は同じもの、という考え方です。

 

 

食事をすることで元気にもなるし、病気の予防にもなるし、体も作られます。

 

また逆に食事をおろそかにしてしまったり、不摂生してしまうと健康を害することにもなってしまします。食事によって私たちの健康は左右されているのです。

 

 

 

これを習慣にすると食事がもっと楽しくなり健康にもなる

ではどうやって食事をもっと楽しめて、健康にもなれるのでしょうか。

 

そのために習慣にしてほしいことがあります。

それは運動習慣です。

 

運動と聞くとわざわざ辛いことをしなければというようなイメージがありますが、難しく考えなくて良いのです。筋トレでもウォーキングでもスポーツで良いので何かを始めてみるのです。

初めは重い腰かもしれないですが、始めてみると意外と面白いと思う事が多いです。

 

なにか運動をすると運動不足も解消されるし、体力もつくし、血流も促されるし、ストレス発散もできます。そしていっぱい動いたあとのご飯はとても美味しく感じるものなんですよね。

 

食事が楽しくなり、運動習慣もつけば相乗効果です。

 

運動習慣がついてくれば自然と健康にも意識が向いてきます。

また運動習慣がついてくればダイエットにもなるし、食事にたいする罪悪感もなくなります。そしたらもっと食事も楽しくなります。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください