定年後をそこそこ元気にそこそこ充実した生活するために

136月 - による 後藤 ロレンス - 0 - ☆ブログ記事☆

2018年現在では日本の定年は65歳となっております。最近では早期退職も増えてきております。

定年後は晴れて自由となり、自分の時間を最大限使えるようになります。

当社のお客様にも定年後の方がいらっしゃいます。

 

男性で少し大きめの体形で、お酒が大の好物という方がいらっしゃいます。

その方は会話しててもとっても楽しい方なのです。コミュニケーションが大好きな方ですね。

 

その方もたまには残りの人生を口にすることがあります。

いつまでも楽しんでいたいのは当然ですよね。健康はとても大事です。でも、その方は健康も考えていらっしゃいますが、何より死ぬまで楽しくいたいということなのです。当社もすごく理解しています。

こんな時、健康が大事だといって、ガンガン運動させて、食事制限させて、厳しくして良いのでしょうか。当社はそのようには考えておりません。その方の人生の価値、生きている目的などをしっかり組むこと、そのうえで最適な選択や提案は何なのかを探り出します。

 

とは言っても、自由奔放にするのも病気になってしまっては苦しめることにもなるので、ほどよく健康を目指しております。

まず大切なのは脚腰が弱らないことを第一目的として、下半身のトレーニングは徹底しております。フォームなど覚えるのは少し苦労されているようですが、とても真面目に真剣に取り組んでいただいております。

まず体力があって好きなことを楽しめるものです。

 

いつまでもそこそこ元気で人生楽しんでほしいですね。「そこそこ」というのが大切です。追い込みすぎても辛いだけですので。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください