fbpx

食材と老化の関係

食材と老化の関係 post thumbnail image

 

歳はとりたくないものですよね〜

人間、どうしても歳をとってしまいますね。

嫌ですねぇ。。。。

でもこれは自然の摂理だし、しょうがないですよね。

 

でもこの歳をとるスピードはなんとかゆっくりに出来そうですよね。年々老化が加速するより、老化を減速させられればちょっと嬉しくなりますよね。

 

目次

歳はとりたくないものですよね〜

・でもよく考えると、老化ってなんだろう?

・どうやって?

現実的な食事法は?

・見落としがちな食材

ガン予防にもアレルギー予防にも老化予防にも

 

 

でもよく考えると、老化ってなんだろう?

老化って、簡単にいえば体の中の変化ですよね。表面のお肌も、結局は内側の変化が表に表れてきているのですから。

 

体内では毎日絶えず、細胞が新しく生まれ変わっています。また、古い細胞などや燃えかすなどを掃除しています。そうやって、クリーン活動が毎日行われています。

しかし、このクリーン活動がどんどん追いつかなくなってしまうと、ボロボロになっていってしまうんです。

ちょうど、清掃が間に合わないお部屋みたいな。散らかっても汚れても、掃除が間に合えば、翌日には綺麗なお部屋で過ごせます。でも、掃除が追いつかないと、翌日も汚れたまま、そして、その汚れの上にさらに汚れが溜まる。こうなるとどんどんお部屋が汚くなってしまいますよね。

そうこう過ごしているうちに、気づいたら、隅にカビが!!害虫が!!

 

これがいわゆる、体内ではがん細胞みたいな現象と同じですよね。

 

がん細胞も自分がもともと持っている細胞だったのですから。それがちょっとした手違いでがん細胞に変換されちゃったのです。

 

でも普段からクリーン活動が追いついていれば、ちょっと出てきたカビや害虫も簡単に始末できますよね。つまり、ちょっとくらいのがん細胞なら、増殖し続けることはないんです。

 

 

人体の老化は細胞が酸化したり、傷ついたり、して進行していくものです。

 

となればこの酸化や傷ついたものを修繕してくれれば老化も遅くすることができるんですよ!

 

 

 

どうやって?

体の中のクリーン活動はやっぱり、自己治癒力ですよね。自分で治す力。

プラス良い材料の補給です。食材のことですよね。

 

毎日、喫煙、大量飲酒、暴飲暴食、睡眠不足ではクリーン活動も間に合いません。

どれも体が酸化しやすい環境です。細胞が傷ついたり、変形したり、しちゃいます。

 

このように体が色々ダメージを受けたら掃除してくれたり、治してくれます。それに必要なのが栄養素で言えば、ビタミン類ポリフェノールといったものなんです。

あ、ポリフェノールっていうのは、よく耳にしますが、何か一つのことを言っているんじゃないんです。

ポリフェノールとは植物性の抗酸化物質で何千種類もの種類が存在している物質の総称なんです。

 

植物色素もポリフェノールだと言われているので、色のあるものをたくさん摂ると良いそうですよ。

紫、緑、黄色、赤、とかいろんな色を食べると良いです。学生時代に習いましたよね。緑黄色野菜って。

色の濃いお野菜をたくさん摂りましょう!

薬味もいいですね!

薬味って香りが強かったり、辛味があったりで、ちょっと扱いづらかったりしますが、これもポリフェノールの一つなんです。大根の辛味とか、パセリとか、いろいろありますよね。

 

ついつい、揚げ物やお肉類とかに片寄ったりしてませんか?

麺類だけとか。

 

たしかに美味しいですよね。好物です。

 

でも、今あげたビタミンやポリフェノールという栄養素を中心で言えば、それらの栄養素がとっても少ない食材なんです。何と言っても植物性が一番老化を防いでくれる栄養素が多いんですよね。

 

ナスの紫もポリフェノールですよ。当然ぶどうも。お茶や紅茶、豆類にもポリフェノールが多いですよね。

 

 

ということはいろいろな食材をとった方がいいですよね!

 

 

そんなの、ムリ〜〜〜。。。。涙

 

って声も聞こえてきそうです。

 

 

 

現実的な食事法は?

毎日豊富な食材を摂るのってお金持ちとお手伝いさんがいないと無理って気がしますね。

でも現実的なことを考えてみると、実は最低限スーパーで売っている食材をまんべんなく食べていればそれでも良いのです。

 

たとえば、ネギ、玉ねぎ、人参、ナス、ピーマン、ほうれん草、チンゲンサイ、大根、豆苗、もやし、パセリ、しょうが、みょうが、などなど。

とっても手頃でしょ?

あとは調理法だけですよね。

 

一人暮らしとか、面倒な人はお鍋にしちゃえ!

お鍋はいろいろな栄養素を無駄なく一気に摂れちゃうしとっても便利。

 

夏でもお鍋で夏バテにも強くなりますよ。お隣韓国や中国では夏でもお鍋を食べますよね。

 

 

見落としがちな食材

体に良いのはお野菜、ってのは分かりやすいですよね。だって勉強しなくても本能的に野菜は体に良いって、感じるじゃないですか。

 

でも、見落としがちな体に良い食材があるんです。それはきのこ類海藻類なんです。

 

とくに意識していかないときのこ類も海藻類もなかなか食べる機会少ないと思いませんか?

それでいて、手頃なお値段のものが多いんです。

 

えのき、しめじ、まいたけ、わかめ、こんぶ、ひじき、とかね。

 

どれもお味噌汁とかお鍋に相性がとっても良いですからね。

 

 

 

 

ガン予防にもアレルギー予防にも老化予防にも

んで、結局のところ、植物性の食品をたくさん摂ればなんだか、体に良いって、分かりましたね。

 

手軽な調理法も分かったし、明日から実践できそうじゃないですか!笑

 

植物性の食品にはガン予防やアレルギー予防になるものが多いんです。

免疫力も高めてくれて、体調管理にもとっても役に立ちますよね。

 

ビタミンやポリフェノールですよ。色合いの多いものを選びましょうね。ちなみにビタミンもたくさん種類がありますが、ビタミンACEは抗酸化物質の能力も高いし、免疫力アップもしてくれます。ACEは、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、ってことですよ。

 

 

あとはアメリカで発表された「デザイナーズフーズピラミッド」というのがありますので、参考にしてみてください。これはアメリカで発表されたものなので、日本にあってアメリカに無い食材は記載されていなかったりしますが、参考にはなりますよ。

専門的な説明はこのデザイナーフーズ計画の『ウィキペディア(Wikipedia)』へ

日本版の食事バランスガイドはこちらの『ウィキペディア(Wikipedia)』へ

 

それからすると、にんにくって頂点なんですね!

大豆もセロリもしょうがも負けてはいませんよ!

 

 

いっぱいいろんな食材食べましょうね!!

 

 

 

気に入っていただけましたら、いいね、シェア、コメントお願いいたします。

ご意見などもありましたらコメントからお願いいたします。

「食材と老化の関係」に1件のコメントがあります

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。