合同誕生日パーティー

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 先月 7月の誕生日の人たち集まって誕生日パーティーを合同でしたんだ 盛り上がりまくって 楽しかったよ お酒もいっぱい お料理もいっぱい どれも美味しくて最高だったなー   こんな集まりっていいよね   普段はみんなカウンセラーやったり 広告事業やったり ITのお仕事してたり 自分なんかはトレーニング指導などしているんだけど   ビジネスはさておいて まずはいっぱい楽しむってのもいいよね! (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
More

内臓からもアンチエイジング

もちろんアンチエイジングは身体だけではないですよ。   内臓だってアンチエイジングは必要ですね。   内臓っていっても、肺、心臓、胃、腸など沢山あります。   身体のアンチエイジングは鍛えて強くしていく、って感じですが、内臓の場合は鍛えるというより労わるという方がいいかも知れません。   お酒を沢山飲まれる方は肝臓、タバコは肺、塩分摂りすぎは高血圧などの血管、脂摂り過ぎは高血圧もそうですが心臓病や脂質異常症など・・・・沢山ありますね。   暴飲暴食も胃に負担などかけます。   そこで内臓のアンチエイジングは1番のキーワードは「植物性」なんです。   昨今の食卓事情はあまりにも動物性が多くなりすぎてます。   もちろん植物性は野菜の値段の高騰などでサイフにとってはきつくなりますが、内臓のことを考えると少しは出費は惜しみたくないものです。   葉野菜、根菜、果実(実の部分を食するもの)、豆・ナッ...
More

アミノ酸の話( LL誌Vol.37No.2、LL誌Vol.40No.2(発行所:社団法人 日本薬局協励会)引用)

1.アミノ酸とは? アミノ酸は生命の源です。もちろん人間もアミノ酸からできています。 私たちの身体の約60%は水分です。そして残りの約40%のうち、約半分はアミノ酸からできています。 人の身体は、主にタンパク質と炭水化物(糖質)、脂質といった、いわゆる三大栄養素で機能しています。 タンパク質・・・内臓や血液、骨、筋肉、毛髪などの主成分であり、タンパク質によって体の組織そのものが作り上げられています。 炭水化物・・・身体を動かすためのエネルギー源となります。 脂質・・・・・・・炭水化物と同様にエネルギーを作り出します。 つまりタンパク質は、身体の組織そのものを作り上げている原材料です。そして、そのタンパク質を構成しているのがアミノ酸です。 10万種類に及ぶタンパク質は、わずか二十数種類の様々な組み合わせによるアミノ酸の組み合わせで作られています。これらに十数種類のアミノ酸 は、タンパク質の材料として使われるほか、必要に応じて身体のエネルギー源としても利用されます。 2.必須アミノ酸と非必須アミノ酸 体内でつくることができない必須アミノ酸 ...
More

栄養管理とダイエット

ダイエットを目指している方は沢山いると思います。 そのほとんどが食事に関しては「抜いたり」「減らしたり」が定番というか、普通に考えてしまうことだと思います。 しかし、私が提案するのは「減らす」ことばかりがダイエットではないということです。 むしろ増やしたり、意識して摂取することが必要ではないかと考えています。   たとえば、「糖質」、これはよくダイエットではカットしたり制限したりする定番みたいなものですが、私はこの糖質ををうまく調節することによって ダイエットはうまくいくと考えるのです。 意識してこまめに糖質を取り入れていくことで身体は「安心」するのです。(バラつくと身体はイラつきます)   そのほか食事の「回数」なども「減らす」傾向にあると思いますが、これも提案は「増やす」ことなんです。 減らさないんです。 食事は細かくとっていくことの方がこれまた身体は「安心」するのです。 さらに食事をすることで「食事誘発性体熱産生」ということが起きます。 これは食事をすると一定の代謝もしく...
More