引締めの為の産後意識

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); なんでもそうだと思いますが 意識するところからものはスタートすると思います   産後の引締めも意識からスタート は変わらないです   ほとんどの経産婦さんもそうですが 産後は本当に関節類、腹筋類(妊娠により引き伸ばされるから) 背中の丸みなどゆるむ所は多いですし事実です   しかし放置しててもクセとして残ってしまいます かといって変えたいと思っても思うだけでは変わらないです しかも育児で忙しい・・・・   このような状況はほとんどそうだと思います   そこで大切なのは「意識」です 引締めるというのは、イコール筋肉なのです 骨盤周りにも筋肉は沢山ありますし、腹筋や腰回りにも筋肉だらけです   その筋肉を意識することと、気になる所の筋肉がより使われるようにすること これらの...
More

みんなでストレッチ

皆で集まって集団でストレッチ、ワイワイ軽くお話しながらストレッチ、心身ともに温まりますよ。 ストレッチの時は必ず気持ちをリラックスさせましょう。呼吸をゆっくり最低30秒は伸ばしましょう。そうする事で筋紡錘の制御が解除に切り替わります。   では、長座体前屈をしましょう。 脚を前方に投げ出しましょう。背筋をまっすぐに・・・ はい、呼吸は止めずに・・・ 吸ってぇ・・・はい、ゆっくりはきながら体を前に倒しましょう。無理に倒さなくて良いですよ・・・ はい、一回戻りましょう。1回目は誰でも固いですから徐々に伸ばしていきましょう。 はい、もう一度ゆっくり体を前に倒しましょう。息をゆっくりはきながら・・・ さて先ほどより少しは行ったでしょう。はい、一回戻ります。 はい、息をすって・・・はい、はいてもう一度倒していきましょう。 ゆっくりはきながら・・・ はい、いっぱいまで来たら今度はそこで停止してください。でも呼吸は止めないように・・・ ゆっくり吸って・・・ゆっくりはいて・・・30秒いきましょう・・・ はい、...
More

運動生理学~基本②

運動生理学の基本②をやっていきたいと思います。   運動には色々ありますが、今回は筋の活動様式から考える運動の種類を紐解いてみたいと思います。   皆さんは筋の活動様式と聞いて何の事か想像できますか?分野が違えばまったくピンときませんね。 まずは、本題に入る前に、運動は、エネルギーを供給(エネルギー供給系については今後書いていきます)しなければ続ける事はできません。運動は関節が動くことによって可能となります。そして関節を動かすのは筋肉が収縮と弛緩を繰り返すことによって行われます。   そこで、筋肉が力を発揮しつづけるうえで外部へ、若しくは外部から力の相関関係によって筋肉自体の活動様式が変わってきます。 筋の活動様式は主に3種類あります。 まずは、皆さんにアームカールを想像していただきたいと思います。 1つは・・・ 外部の力(ここではダンベル)と内部(これは自身の筋力)との力が釣り合っている状態、もしくはぶつかり合って互角な状態です。つまり関節角度が変化していない状態。これは、「等尺性筋収縮」...
More

運動の大切さ

さて、最近健康についてよく考えます。というより本当に運動の大切さを伝えたいです。 皆さん、運動をすると心も体もハッピーになると思います。全国民が是非運動に参加してほしいです。 エクササイズをして適度に筋肉を発達させて、関節をいっぱい動かして体を伸ばせば、体力も元気もつくんです。骨への刺激で骨も丈夫になります。 伝えたいことは本当沢山ありますね。 そんなこんなで私はいつでも皆様の健康とスポーツライフとトレーニングを応援しております。   (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
More