肩をデッカク!

google_ad_client = "ca-pub-5572825063321811"; google_ad_slot = "3558371882"; google_ad_width = 728; google_ad_height = 15; 肩がデカいのは男を感じさせますね   上半身の上部と腕は特に男性ホルモンの影響で大きくなる場所です 女性と男性の性差は体のいくつかの場所で表れてますが 上半身上部と腕はその一つです   ですので大きな肩は男性を演出し、たくましいシルエットを作るのです   肩は腕を拳上したり回したりする時に常に使われます トレーニングもその動作を取り入れているものが多いです   肩はとにかく発達させるのが難しい部位です かといってがむしゃらにやると故障しやすい部位でもあります   デリケートなんですね ですから、尚更正しい指導が必要になるのです ...
More

筋肥大のためのトレーニングスケジュール

google_ad_client = "ca-pub-5572825063321811"; google_ad_slot = "3558371882"; google_ad_width = 728; google_ad_height = 15; これは必ずしもこれでなければいけないということの説明ではなく あくまでも「スタンダード」なところをご説明いたします   スポーツの先進国のアメリカのスポーツ医学会が提唱している基準は まずは負荷は1RM(MAX拳上重量)の65%で限界の回数か それに近いくらいの回数を持ち上げることです そしてこれを最低3セット これが世界標準だと言われています   しかし、トレーニングの熟練度や 目的などによってはこれが必ずあてはまるとは言えません これはあくまでも筋肥大を目的として さらに世界の平均値をとった「スタンダード」なのです   個人差はありますので、メニューなどは専門家と一緒に...
More

トレーニングはオールアウトしたほうがいい

理想は1RM(1回しか上げられない重さ)の65%くらいの負荷で 限界までの回数を行うことです かなりきついです   これを3セットこなすというのです これぐらいはやらないとトレーニングの効果はなかなか出てこないでしょう   セット中に限界手前でやめてしまうのは筋肉が総動員されずに 終わってしまうことになってしまうので   余力を残さず筋肉を総動員させて 使い切るくらいでないと大きな変化は見えてこないということですね   (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
More

とことん追い込もう!

やっぱり筋肉をデカくしたけりゃ追い込むしかないですね!   人間はどうしても本当の限界より先に気持ちで限界がくるものです そこを打開していかに極限まで追い込むことができるかが 筋肉をデカく強くなるために必要なこと   無理と思ったらそこから後2回やるとか 4セットだったらもう1セットやってみるとか 挙がらないと思ったら手伝って無理やりにでも挙げてみるとか   でも怪我しちゃダメですよ   怪我するようなのは失敗ですからね 男はやっぱり追い込みたいものですね   仕事もトレーニングも、そして遊びも   (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({ google_ad_client: "ca-pub-5572825063321811", enable_page_level_ads: true }); (adsb...
More