動作の改善 其の弐

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 立ったりね 座ったりね ジャンプしたり 階段上ったり   色々動作はありますね スポーツの現場でも 日常の動作でも     今回も日常生活での動作を分析してみましょう 今回は「階段」   階段を上るという行為 これはとても機能的にすぐれた動作です 足を引き上げる 踏み込む 体重を片足に乗せて体を持ち上げる そして次の足 という風に     階段を上るという動作を分析すると 主に使われる筋肉は大殿筋とハムストリングスです 補助として大腿四頭筋や中小殿筋 なども使われます 片足のバランスも必要になりますよね   階段を上るということは二足歩行の基本的な体力の養成にとても有効なんですね!   ただし、これは対談...
More

プロテインの可能性について

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 年齢が増えるにつれて 食べられる量が減少し 体重が減る方はとても多いです   しかし、食事量が減るということは 今まで補給してきた栄養量を補給できないと言うことですよ   この、たんぱく質・エネルギー低栄養状態が続くと ビタミンやミネラルなど各種の栄養素の不足も 伴い 体重減少と免疫力の低下を招き 感染症など多くの病気にかかりやすくなってしまいます   さらに、筋肉や骨の減少に伴う運動機能の低下により 将来的な介護の必要度が高まり 日常生活での自立が困難になる場合もあるんです   これらを予防・遅らせるためにもバランスのとれた栄養補給と 適度な運動が必要ですよね   ご高齢の皆様 ご高齢のご家族がいらっしゃる方は 普段の食事量と栄養バランス 更には運動について一度考えてみてくださいね ...
More

引締めの為の産後意識

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); なんでもそうだと思いますが 意識するところからものはスタートすると思います   産後の引締めも意識からスタート は変わらないです   ほとんどの経産婦さんもそうですが 産後は本当に関節類、腹筋類(妊娠により引き伸ばされるから) 背中の丸みなどゆるむ所は多いですし事実です   しかし放置しててもクセとして残ってしまいます かといって変えたいと思っても思うだけでは変わらないです しかも育児で忙しい・・・・   このような状況はほとんどそうだと思います   そこで大切なのは「意識」です 引締めるというのは、イコール筋肉なのです 骨盤周りにも筋肉は沢山ありますし、腹筋や腰回りにも筋肉だらけです   その筋肉を意識することと、気になる所の筋肉がより使われるようにすること これらの...
More

トレーニング中の姿勢で効果も変わる

google_ad_client = "ca-pub-5572825063321811"; google_ad_slot = "3558371882"; google_ad_width = 728; google_ad_height = 15; バーベルなどのフリーウェイトを使ったトレーニングの場合 動作に伴い姿勢を維持するためにいろいろな筋肉を使いながら バランスを保っています これは姿勢を維持するために その筋肉も同時に鍛えられているということになりますよ   さらに同じ種目でも握る幅、腕の角度、スタンスの幅やつま先の向き など色々変えることによって明らかに効果は違ってきます 当然使われる筋肉も少しずつ違ってきます   このようにトレーニング中の姿勢は効果にとても影響があるのです (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
More