アミノ酸の話( LL誌Vol.37No.2、LL誌Vol.40No.2(発行所:社団法人 日本薬局協励会)引用)

1.アミノ酸とは? アミノ酸は生命の源です。もちろん人間もアミノ酸からできています。 私たちの身体の約60%は水分です。そして残りの約40%のうち、約半分はアミノ酸からできています。 人の身体は、主にタンパク質と炭水化物(糖質)、脂質といった、いわゆる三大栄養素で機能しています。 タンパク質・・・内臓や血液、骨、筋肉、毛髪などの主成分であり、タンパク質によって体の組織そのものが作り上げられています。 炭水化物・・・身体を動かすためのエネルギー源となります。 脂質・・・・・・・炭水化物と同様にエネルギーを作り出します。 つまりタンパク質は、身体の組織そのものを作り上げている原材料です。そして、そのタンパク質を構成しているのがアミノ酸です。 10万種類に及ぶタンパク質は、わずか二十数種類の様々な組み合わせによるアミノ酸の組み合わせで作られています。これらに十数種類のアミノ酸 は、タンパク質の材料として使われるほか、必要に応じて身体のエネルギー源としても利用されます。 2.必須アミノ酸と非必須アミノ酸 体内でつくることができない必須アミノ酸 ...
More