プロテインの可能性について

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 年齢が増えるにつれて 食べられる量が減少し 体重が減る方はとても多いです   しかし、食事量が減るということは 今まで補給してきた栄養量を補給できないと言うことですよ   この、たんぱく質・エネルギー低栄養状態が続くと ビタミンやミネラルなど各種の栄養素の不足も 伴い 体重減少と免疫力の低下を招き 感染症など多くの病気にかかりやすくなってしまいます   さらに、筋肉や骨の減少に伴う運動機能の低下により 将来的な介護の必要度が高まり 日常生活での自立が困難になる場合もあるんです   これらを予防・遅らせるためにもバランスのとれた栄養補給と 適度な運動が必要ですよね   ご高齢の皆様 ご高齢のご家族がいらっしゃる方は 普段の食事量と栄養バランス 更には運動について一度考えてみてくださいね ...
More

美味しそうな果物!!

// すげー 美味しそう! こんな新鮮な果物いっぱい食べたいよね 本当美味しそう   果物には水溶性の食物繊維も不要性の食物繊維もたくさん さらにビタミンも豊富だし ミネラルも取れるしね 少し酸っぱいと目も覚めてスッキリするしね 夏はいっぱい果物食べたいね   もちろん果物はスポーツする人にもとっても良いよ ビタミン類ミネラル類も多いし水分も多くて 何より糖質もたっぷりだからエネルギーになるしね!   果物たくさん摂ろうね (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
More

内臓からもアンチエイジング

もちろんアンチエイジングは身体だけではないですよ。   内臓だってアンチエイジングは必要ですね。   内臓っていっても、肺、心臓、胃、腸など沢山あります。   身体のアンチエイジングは鍛えて強くしていく、って感じですが、内臓の場合は鍛えるというより労わるという方がいいかも知れません。   お酒を沢山飲まれる方は肝臓、タバコは肺、塩分摂りすぎは高血圧などの血管、脂摂り過ぎは高血圧もそうですが心臓病や脂質異常症など・・・・沢山ありますね。   暴飲暴食も胃に負担などかけます。   そこで内臓のアンチエイジングは1番のキーワードは「植物性」なんです。   昨今の食卓事情はあまりにも動物性が多くなりすぎてます。   もちろん植物性は野菜の値段の高騰などでサイフにとってはきつくなりますが、内臓のことを考えると少しは出費は惜しみたくないものです。   葉野菜、根菜、果実(実の部分を食するもの)、豆・ナッ...
More

ダイエッターとアスリートのための血糖値の話!

さて、本日は血糖値の話ですが皆さんはどれくらいご存知でしょうか? そう、一般的には糖尿病ととても関連の高い項目ですが実はアスリートもダイエッターもサラリーマンも全ての人にとってとても大切な項目なのです。 まずは血糖値の正常値なのですが、空腹時血糖値で80~110未満が正常値です。食後2時間血糖値でも140を超えなければ正常値と言えます。 そして血糖値の主な役割はクイックエネルギーの供給です。脳は完全に血糖値が下がってしまうと働くことは出来ません。(飢餓状態の緊急時に筋肉からブドウ糖を作り出して脳のエネルギーを確保することはあるが)血糖値が下がりすぎてしまうと意識喪失をしてしまいます。 血糖はとても大切なのですが、しっかりコントロールしないと逆にマイナスを招いてしまいます。 ダイエッターでは血糖値の上昇差をなるべく抑えた方がいいです。上昇が激しいと降下も激しく急に下がることによって脳は空腹信号を出してしまい一気に食欲が増してしまうのです。 食事制限だけでダイエットをしている人の悩みですよね。ちなみにこれは皆さんもよくご存知のGI値という値で把握できますね。 ...
More