やさしいタンパク質の考え方(プロテイン)

今日はやさしいタンパク質のお話をしたいと思います。 つまりはプロテインですね。 まずは基本からですが、私たちの日頃摂取しているタンパク質ってどんなものがありますか? 豚肉、牛肉、鶏肉、マグロ、サーモン・・・・・ それだけじゃないですね。 有名なのは大豆。その他豆類、穀物、イモ類、一部果物にまでタンパク質が含まれています。 でも大豆は「畑の肉」といわれるからなんとなくそうだと思いますが、なぜ穀物や果物までタンパク質に入るの?? そう思われた方も沢山いるでしょう。 タンパク質はザックリ分けると動物性タンパク質と植物性タンパク質に分けられます。 そのタンパク質って、もっと分子レベルまで見てみると、実はアミノ酸集合体なのですね! アミノ酸?? そう、この世の中には500種類くらいアミノ酸は存在しているのですが、人間が必要なアミノ酸はたった20種類だけなのです! 動物性以外にもタンパク質があると言ってのはこのことによるのです。 食物には沢山アミノ酸が含まれています。とくにお肉系は組成も人間に近いことから、人間に必要なアミノ酸20種類がバラ...
More

「ウォーキングの機能解剖学」(とてもマニアックです)

ところで今日は私の趣味的にかなりマニアックなお話をしたいと思います!     「ウォーキングの機能解剖学」ズバリです!       歩いているとき人体の筋肉はどのような連動で活動しているかを私なりに分析していきたいと思います。   ちなみに色んな動きを一つ一つ分析できるようになることがよりスポーツでのパフォーマンスアップなどでは必要で、それこそトレーナーという専門職のお仕事ですね。   私たちは何気なく歩行を行っていますが、実はとても複雑な筋肉の連動が起きてこの歩行を行うことが出来るのです。   まずは歩き出す前の直立の姿勢からスタートです。この時もすでに体の様々な筋肉は働いています。   直立時、ほとんどがアイソメトリックで姿勢維持を行っています。しかし常に安定している訳ではなく、無意識下で姿勢を調整しているのです。   腱には腱の伸びを瞬時に感知してその腱につながる筋を収縮させるゴルジ腱器官という器官が存在します。それにより例えば後ろに倒れそうになったら脚を出す前に足関節の角度が大...
More

「現状において日本人に推奨できる科学的根拠に基づくがん予防法」について

今日は、国立がんセンターが出している「現状において日本人に推奨できる科学的根拠に基づくがん予防法」について学びたいと思います。 がん・・・・   いまや日本では3大死因のトップとなっています。恐ろしいですね。   皆さんもまわりにもがんを患っている方や、もしくはなくされた方もいると思います。 そんな今や絶対に無視することができない、がんについて予防法という科学的な方法をご紹介いたします。     公表元は国立がんセンターです。ご覧ください。   〇喫煙・・・・・たばこを吸っている人は禁煙する 吸わない人も他人のたばこの煙をできるだけ避ける 〇体形・・・・・成人期での体重を適正な範囲に維持する(太りすぎない、痩せすぎない) 中高年期男性のBMIで21~24、中高年期女性のBMIで19~25の範囲内 になるように体重を管理する 〇感染・・・・・肝炎ウィルス感染の有無を知り、感染している場合はその治療の措置をと る 地域の保健所や医療機...
More

肉体改造の心得①

皆様、こんにちは! 健康管理士&スポーツトレーナーの後藤ロレンスです。毎回ご購読ありがとうございます。     今日は誰もが望む肉体改造の心得をお話したいと思います。 まずは当然の話ですが、肉体改造は簡単な気持ちでは達成できませんね。それなりの決意が必要ですよね。逆に言うと気持ちのレベルに応じて肉体のレベルも決まってしまうと思います。   そこで今日の心得は「時間」です。 やはりなんでもそうですが、何かを成し遂げたいと考えた時必要になるのは「時間」ではないでしょうか?寝てても達成できる目標っていうのは休養ということや疲労回復というくらいでしょう。仕事でも結婚でも家事でも資格取得でも学校でもなんでもゴールに向かうには時間をしっかり作って費やさなければいけないですよね。肉体改造も例外ではないです。 えてして運動、もしくはトレーニングというものは地味で単調なので優先順位を下げがち。時間は自分に暇がある時だけ。隙間時間があればという風になってしまいがちですよね。これでは結果も中途半端になってしまいます。皆さん、...
More