女性の妊娠から出産までの体の変化

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 月経を繰り返し運良く精子と卵子が出会ったとき これが始まりとなり妊娠になります   受精卵がドンドン細胞分裂を行い徐々に胎児は大きくなります 最初の8週くらいまでは胎児は2g程度2.5cmくらいです   12週くらいなると胎児は45g程度、7.5cmくらいになります この時はまだお腹は外見からは分かるか分からない状態です そして 16週くらいになると胎児は急速に成長し 体重200g程度、16cmくらいにまでなります この頃から少しずつ外見でも分かるようになり妊娠も安定期に入ります   そしてどんどん大きくなり40週くらいには 体重3kg程度(個人差はあります)、50cmくらいになります   この時はほぼ臨月で子宮口も開き始めます   母体の方では妊娠初期から臨月までさまざまな変化が起こります &nb...
More

月経の話

google_ad_client = "ca-pub-5572825063321811"; google_ad_slot = "3558371882"; google_ad_width = 728; google_ad_height = 15; 女性は、妊娠していなくてもよく体調が変化します その1つに月経による体調の変化です   月経が起こるにはまずは脳(視床下部から刺激を受けた脳下垂体)からの 性腺刺激ホルモンが放出されます これがゴナドトロピンというのですが これには2種類あり1つは卵胞刺激ホルモンともう1つは黄体化ホルモンがあり この2つのホルモンが連携して卵胞の成長と排卵を刺激します そして更に卵巣を刺激して卵巣ホルモン(エストロゲン)を分泌し排卵が促進 この時期になるとエストロゲンの作用で脂肪が溜まりやすくなります   そして排卵が起こると今度は卵の元になる黄体が出来てきます この黄体からまた別のホルモン、黄体ホルモン(...
More