ウォーキングと自転車

「ウォーキングと自転車」 ちなみに正常歩(普通の歩調)は大体身長-100cmといわれています。そして1分間では大体100歩と言われています。なので1万歩では100分、距離にすると(身長が170cmの方の場合)7000mほどになります。そして1kcalを消費すのにかかる距離は21,0m、歩数では30歩です。 健康維持の目安は運動においての消費カロリーを300kcal以上にすることです。 そうするとウォーキングでは30歩=1kcalなので300kcalは9000歩、およそ1万歩になりますね。それに相当する運動量を自転車(軽度)でいえば60分が目安です。   ※参考文献:「運動処方の理論と実際」波多野 義郎 著   軽度の自転車こぎであれば普通歩行も計算に大差はないです。  
More

筋肉痛になること

さて、筋肉痛について皆さんに聞いてみたいのですが、トレーニングしたら筋肉痛になりますか?人によっては筋肉痛は不快ですよね。 筋肉痛の原因はまだまだ解明された訳ではないのですが、現在は壊れた筋繊維の若返り反応とも言われていますね。まだ色んな説はありますね。 慣れないことをしたり急に激しい身体活動が行われた時によくなりますね。しかし、それでも2度目3度目といくうちに筋肉痛にはならなくなりますよね? 1つ言えることは筋肉痛は課せられた環境に必死に身体が適応しようとしているのですね。そして筋肉痛が起こらなくなった時には慣れたってことですね。 それでは、連休も皆さん慣れないこといっぱしして、ご自分の可能性を拡げながら筋肉痛に沢山なってくださいね。
More

変わりたければ行動です!

ところで、基本の話なのですが、皆さん何かゴール目標はありますか?もちろん私が聞くので健康や運動などご自身の体のについてですよ?   今パッと頭に言えた方はもうすでにゴールに一歩リードしております。具体的に数字を交えて言えた方はゴールの半分はクリアしたようなものです。意外に突然聞かれて答えられない方は多いです。それだとせっかくお金払ってやっているトレーニングも効率半減、目標残念、結局断念になってしまいます。・・・・・・って今韻を踏んでみました 笑!!!!!!   そして何度もお伝えしているかもしれませんが、目標に見合った行動と努力が必要です。人はその行った行動が結果を生むのです。 10の結果を求めたければ、2×5の努力をしなければなりません。(計算方式は人それぞれ2×3+4かもしれません)しかし50の結果を求めたければ、(2+2)×5+(2×3×4)+6の努力をしなければなりません。(これも計算方式は人それぞれです)   つまりは目標をどう設定するかで取るべき行動も変わらなきゃいけません。 もちろんその為にこの...
More

ウォーキングの機能解剖学(かなりマニアック)

今日は私の趣味的にかなりマニアックなお話をしたいと思います! 「ウォーキングの機能解剖学」ズバリです!   歩いているとき人体の筋肉はどのような連動で活動しているかを私なりに分析していきたいと思います。   ちなみに色んな動きを一つ一つ分析できるようになることがよりスポーツでのパフォーマンスアップなどでは必要で、それこそトレーナーという専門職のお仕事ですね。 私たちは何気なく歩行を行っていますが、実はとても複雑な筋肉の連動が起きて、この歩行を行うことが出来るのです。 まずは歩き出す前の直立の姿勢からスタートです。この時もすでに体の様々な筋肉は働いています。 直立時、ほとんどがアイソメトリックで姿勢維持を行っています。しかし常に安定している訳ではなく、無意識下で姿勢を調整しているのです。 腱には腱の伸びを瞬時に感知してその腱につながる筋を収縮させるゴルジ腱器官という器官が存在します。それにより例えば後ろに倒れそうになったら脚を出す前に足関節の角度が大きくなる瞬間をゴルジ腱器官が感知して、拮抗するように前脛骨筋を収縮...
More