プロテインの可能性について

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 年齢が増えるにつれて 食べられる量が減少し 体重が減る方はとても多いです   しかし、食事量が減るということは 今まで補給してきた栄養量を補給できないと言うことですよ   この、たんぱく質・エネルギー低栄養状態が続くと ビタミンやミネラルなど各種の栄養素の不足も 伴い 体重減少と免疫力の低下を招き 感染症など多くの病気にかかりやすくなってしまいます   さらに、筋肉や骨の減少に伴う運動機能の低下により 将来的な介護の必要度が高まり 日常生活での自立が困難になる場合もあるんです   これらを予防・遅らせるためにもバランスのとれた栄養補給と 適度な運動が必要ですよね   ご高齢の皆様 ご高齢のご家族がいらっしゃる方は 普段の食事量と栄養バランス 更には運動について一度考えてみてくださいね ...
More

筋肉を減らさない

さて、運動も筋肉も反復性の法則です。 人の体のなかには常に可逆性の原理が働いています。それはすなわち使わなくなれば直ちに逆戻りするという原理です。直ちにとはいい過ぎですが、成長はしません。そしてそれも数日で逆戻りがスタートしてしまうのです。 皆さんも経験はないですか?正月などの連休のとき体を動かさずに数日ゴロゴロしてるといざ動いたときの体の重さを? それは筋力が衰え以前の体重ですら重く感じた現象、そして更には消費エネルギーも減ったので体重が増えて更に重さが増して以前よりつらくなってしまったのです。   人は「動物」です。動かないと死んでしまいます。   今度は「ルーの法則」についてもお話したいと思います。   (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
More