マラソンの運動生理学 栄養

最近ではマラソンブームにも火がついて長距離を始める人が増えてきました さて、マラソンといえば持久戦ですよね つまりどれだけ高い水準での持久力かが勝負ですよね 皆さんはマラソンをされる時、何に気をつけてますか? 色々気をつけるところはあるとは思いますが 今日は栄養補給を見ていきましょう! まず、基本ですが、私達人間が必要な栄養素に 水(日本では栄養素という認識は低いのですがアメリカなど緒外国では必須栄養素と普通に教科書に出てきます。) そして炭水化物(糖質)、脂質、たんぱく質(これら3つは3大栄養素、3大エネルギー源と言われています) ミネラル、ビタミン(この2つは微量栄養素と言われています) この5つを5大栄養素と言われています それに食物繊維が加えられ 最近では第7栄養素のフィトケミカルが注目されてきてます   その中で持久力に大切な栄養素が糖質と脂質です 糖質は身体に取り込まれるとグルコースという形で貯えられます そしてエネルギーとして使われる時はグリコーゲンという形に変換され...
More

昔の人達ってスゴイ

マラソンってスゴいですよね。しかも42,195km…恐ろしいですよね。私は走れません。古代ギリシャ兵は体力あったんでしょうね。それに日本の飛脚も凄まじいですね。昔なんて今みたいに効率のよいエネルギードリンクやトレーニング科学も発達してなかったと思うのに。 でも色々文献を読んでいると先人達ってかなり人体について詳しいなと思ってしまいます。古武術などもかなりそうです。しかも鍛練方法も意外に利にかなってものも沢山あり勉強になりますね。 人間の体では連続30kmが限界らしいですよ。これは筋肉、肝臓などに残されたグリコーゲンが完全に枯渇するリミットみたいです。だから残りの10kmは科学とよく言われています。ドリンク補給を失敗するとかなりダメージは大きいです。     私はいつでも皆様の健康とスポーツライフとパーソナルトレーニングを応援しております。 -------------------------------------------------------------------------------------- パーソナルトレーニ...
More