動作の改善 其の弐

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 立ったりね 座ったりね ジャンプしたり 階段上ったり   色々動作はありますね スポーツの現場でも 日常の動作でも     今回も日常生活での動作を分析してみましょう 今回は「階段」   階段を上るという行為 これはとても機能的にすぐれた動作です 足を引き上げる 踏み込む 体重を片足に乗せて体を持ち上げる そして次の足 という風に     階段を上るという動作を分析すると 主に使われる筋肉は大殿筋とハムストリングスです 補助として大腿四頭筋や中小殿筋 なども使われます 片足のバランスも必要になりますよね   階段を上るということは二足歩行の基本的な体力の養成にとても有効なんですね!   ただし、これは対談...
More

トレーニング中の姿勢で効果も変わる

google_ad_client = "ca-pub-5572825063321811"; google_ad_slot = "3558371882"; google_ad_width = 728; google_ad_height = 15; バーベルなどのフリーウェイトを使ったトレーニングの場合 動作に伴い姿勢を維持するためにいろいろな筋肉を使いながら バランスを保っています これは姿勢を維持するために その筋肉も同時に鍛えられているということになりますよ   さらに同じ種目でも握る幅、腕の角度、スタンスの幅やつま先の向き など色々変えることによって明らかに効果は違ってきます 当然使われる筋肉も少しずつ違ってきます   このようにトレーニング中の姿勢は効果にとても影響があるのです (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
More

トレーニング中の姿勢

トレーニング中の姿勢でトレーニング効果はとっても変わります!   運動やトレーニング中は言ってみれば常に重心は不安定です。たとえばスクワットでも常に姿勢を意識してトレーニングするとバランスを取ろうとする筋肉も同時に鍛えられます。腕立てやジャンプやなんでもそうです。ただ動作をこなそうとしているだけでは全身への効果は半減、さらには適当にしていると怪我にもつながります。   それと姿勢ですが、今度は色んな姿勢を取ることによって使われる筋肉も変わるため色んなバリエーションを作ったり体をマンネリ化させない、刺激に変化を与えることができるし、たとえば足幅を広くするスクワットや狭めてのスクワット、手の幅変えた腕立てというように姿勢を変えると効果も変わるということが科学的にも分かっています。   (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
More