引締めの為の産後意識

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); なんでもそうだと思いますが 意識するところからものはスタートすると思います   産後の引締めも意識からスタート は変わらないです   ほとんどの経産婦さんもそうですが 産後は本当に関節類、腹筋類(妊娠により引き伸ばされるから) 背中の丸みなどゆるむ所は多いですし事実です   しかし放置しててもクセとして残ってしまいます かといって変えたいと思っても思うだけでは変わらないです しかも育児で忙しい・・・・   このような状況はほとんどそうだと思います   そこで大切なのは「意識」です 引締めるというのは、イコール筋肉なのです 骨盤周りにも筋肉は沢山ありますし、腹筋や腰回りにも筋肉だらけです   その筋肉を意識することと、気になる所の筋肉がより使われるようにすること これらの...
More

肩をデッカク!

google_ad_client = "ca-pub-5572825063321811"; google_ad_slot = "3558371882"; google_ad_width = 728; google_ad_height = 15; 肩がデカいのは男を感じさせますね   上半身の上部と腕は特に男性ホルモンの影響で大きくなる場所です 女性と男性の性差は体のいくつかの場所で表れてますが 上半身上部と腕はその一つです   ですので大きな肩は男性を演出し、たくましいシルエットを作るのです   肩は腕を拳上したり回したりする時に常に使われます トレーニングもその動作を取り入れているものが多いです   肩はとにかく発達させるのが難しい部位です かといってがむしゃらにやると故障しやすい部位でもあります   デリケートなんですね ですから、尚更正しい指導が必要になるのです ...
More

筋肥大のためのトレーニングスケジュール

google_ad_client = "ca-pub-5572825063321811"; google_ad_slot = "3558371882"; google_ad_width = 728; google_ad_height = 15; これは必ずしもこれでなければいけないということの説明ではなく あくまでも「スタンダード」なところをご説明いたします   スポーツの先進国のアメリカのスポーツ医学会が提唱している基準は まずは負荷は1RM(MAX拳上重量)の65%で限界の回数か それに近いくらいの回数を持ち上げることです そしてこれを最低3セット これが世界標準だと言われています   しかし、トレーニングの熟練度や 目的などによってはこれが必ずあてはまるとは言えません これはあくまでも筋肥大を目的として さらに世界の平均値をとった「スタンダード」なのです   個人差はありますので、メニューなどは専門家と一緒に...
More

トレーニング中の姿勢で効果も変わる

google_ad_client = "ca-pub-5572825063321811"; google_ad_slot = "3558371882"; google_ad_width = 728; google_ad_height = 15; バーベルなどのフリーウェイトを使ったトレーニングの場合 動作に伴い姿勢を維持するためにいろいろな筋肉を使いながら バランスを保っています これは姿勢を維持するために その筋肉も同時に鍛えられているということになりますよ   さらに同じ種目でも握る幅、腕の角度、スタンスの幅やつま先の向き など色々変えることによって明らかに効果は違ってきます 当然使われる筋肉も少しずつ違ってきます   このようにトレーニング中の姿勢は効果にとても影響があるのです (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
More