自転車 de トレーニング2

さて、自転車で出来るちょっとしたトレーニングをシェアしようと思います。といっても本格的ないわゆる何とかバイクではなく、極々普通の自転車、通称ママチャリとか言うものです。ですのでもしかしたら本当の自転車好きやこだわりのある方からは反論の1つや2つは有るかもしれないですが……はい、お構いなしです。トレーニングという観点からのお話です!

まず、ママチャリは多分あなたもお持ちだとは思いますが普段は何か意識して乗ってますか?自分の話になりますが自分は毎日通勤で駅まで片道20分のチャリ通です。ですので色々意識したり試行錯誤したりと、毎回のチャリ通に変化を与えてます。

では始めますがなかなか意識しないサドルの高さ。ほぼ全て高さ調節できると思うのですが、これを一番高くしてみたり、一番低くしてみたりと変えてみて乗ってみましょう。本格的な方はサドルの設定はハンドルと同じとかそれより高めとかあるみたいですがとりあえずトレーニングとしてで。これはこぐときの膝の角度に変化を与えて沢山の角度から刺激をして脚を強くすることができます。ちなみにあまり高すぎると脚が着かなかったりして恐いと思いますので無理ないようにで。慣れれば脚が着かないくらいで乗ったりしてもいいですね。

次は乗ってからのトレーニングです。多分自転車こぐときは脚で押し込む感じでこぐと思いますがこれを後ろに巻き込むような感じでペダルを回してみましょう。これは日常ではなかなかトレーニング出来ないハムストリングを鍛えることができます。ママチャリの場合バインディングがないので本格派が使う引き脚は出来ないので腸腰筋の刺激は難しいですが。これもサドルの高さが変われば刺激されるハムストリングの角度も変わります。

その次はこぎ始めるんですがスピードに挑戦してみましょう。といっても遅くです。出来る限り遅いスピードでやってみましょう。こうすることによりバランスや調整力を鍛えられます。意外に5分続けたら暖かくなります。いっぱいいろんな筋肉を使っている証拠ですね。プラス慣れれば白線などの目標の上を出来るだけ外さないように走るとかも面白いですね。もちろん交通の迷惑にならないようにですよ。またその正反対で最速に挑戦もいいトレーニングです。しかしこれは危ないので完全に安全面が確保された条件でやってみしょう。

他には前のかごにあえて重い物を入れてこぐと腕とバランスのトレーニングにもなります。それとか上り坂ダッシュ漕ぎとか。

まだまだありますが今日の所はこんなとこで!

最後に自転車は交通のルールを守り歩行者優先、左側通行をし、安全の上走行下さい。

 

 

私はいつでも皆様の健康とスポーツライフとパーソナルトレーニングを応援しております。

————————————————————————————–
パーソナルトレーニングで活動中のトーニングスペシャリストの後藤ロレンス
出張エリアは川口市・戸田市を中心に埼玉県内、東京都内各地
ダイエット・栄養指導・体力増強・姿勢改善
パーソナルコースの個別指導から小グループ、法人様の専属トレーナー契約まで

コメントを残す