筋肉の働き

さて、今日は筋肉の働きのお話です。

 

筋肉には色々な働きがあるのはご存知ですよね?1番の役割は体を動かすことですね。筋肉の収縮と伸張によってくっついてる骨が動かされて腕を上げたり首をかしげたり歩いたり出来るのです。

その他に体温を上げる、熱を産生するという働きもあるのです。寒い時ガタガタ震えますよね?あれも体を温めようと必死に筋肉が動いて熱を作ろうとしているのです。という事は筋肉量が多いと体も温まりやすくあまり寒くなくなるということにもなるのです。冷え性の人は筋肉の量が少ないという事も原因の1つになるのです。冷え性の人はしっかり運動して筋肉の量を増やし定期的に体が熱を作るということを覚えさせる必要があります。

しかし、筋肉は動く時に熱を産生するので動かないとすぐ冷めてしまいます。その点皮下脂肪は断熱材のような役割ですので1回産生された熱を外に逃げにくくする役割もあるのです。保温ですね。ですのでたまに脂肪が多そうな人が体を動かさなくても勝手にダラダラ汗かいているのを見かけますがそういうことです。

ある程度の脂肪も人間必要ですね。

最悪なのは筋肉なくて脂肪も少ないことです。つまり最近の女子は間違ったダイエットをやりすぎてしまい保温の役割の脂肪が減りますが熱を作る役割の筋肉まで減ってしまい、結局体温上がらないわ保温は効かないわで冷え性寒がりで、体温がなかなか上がらないので基礎代謝も下がってしまいで、いいことない状態に陥ってしまってる方が多くなってしまいました。

 

ですので、あなたは筋肉を減らすことの無いようにしてくださいね。

 

 

私はいつでも皆様の健康とスポーツライフとパーソナルトレーニングを応援しております。

————————————————————————————–
パーソナルトレーニングで活動中のトーニングスペシャリストの後藤ロレンス
出張エリアは川口市・戸田市を中心に埼玉県内、東京都内各地
ダイエット・栄養指導・体力増強・姿勢改善
パーソナルコースの個別指導から小グループ、法人様の専属トレーナー契約まで

コメントを残す