ダイナミック体幹トレーニング

さて、今日はトレーニングのちょっとしたアドバイスです。

今日は体の機能性の向上を狙ったトレーニングですが、皆さんどういったトレーニングをされてますか?経験上ほとんどがランニング系か筋力トレーニング系でマシンやフリーウェイトだと思います。もちろんそれ以外に動きを伴ったトレーニングもされてるかと思います。つまりダイナミックトレーニング(ダイナミックとは英語で動的なという意味)です。そのダイナミックトレーニングをご紹介いたしましょう。

言葉ではかなり難しいので分かりにくいかと思いますが悪しからず。

その中で今回は体幹への刺激とバランス力、そして姿勢改善に効きやすいものを1つご紹介します。

 

これはセッションの中でもかなり基本で入れていくんですが、

まずランジ姿勢で立ちます。背筋を伸ばし両腕を真横水平に上げ伸ばします。これがスタート状態。そこから体を下げていきます。この時顔は地面に徐々に向けていきます。そして胸は地面と平行になるくらいまでさげます。この時両脚は屈曲していき後ろ脚の膝は地面ギリギリ、ですがぶつけない。痛いです。そしてその時後ろに引いてる脚と同じ側の腕を股の下までくぐらせます。反対の腕は常に地面と水平に上げたまま。ここまで来たら切り替えして体を起こしていくのですが、腕と後ろにある脚を徐々に前に出していきます。この時既に片脚立ち。顔を上げながら上体を起こし前側の脚を軸に腕と後ろ脚の膝を上げられるところまで上げます。フィニッシュ状態はフラミンゴのように片脚軸でもう片脚は膝蹴りのように上げる。軸足側の腕は水平外転、膝上げ側の腕はまっすぐ空に向かって伸ばす。背筋はブレずにまっすぐです。これがフィニッシュ姿勢です。これを1とカウントし同じ脚側で繰り返します。規定の回数いったら軸足交換して全部逆にして同じく規定の回数繰り返します。これで1セットのカウントです。必ず左右同じ回数とセットを行いバランスをとりましょう。

 

以上ですが、分かりましたか?なかなかイメージ難しいですよね。私も説明大変でした。すみません・・・

分からなければ直接ご連絡ください!

 

 

 

皆様の健康とスポーツライフとパーソナルトレーニングを応援しています。
————————————————————————————–
パーソナルトレーニングで活動中のトーニングスペシャリストの後藤ロレンス
出張エリアは川口市・戸田市を中心に埼玉県内、東京都内各地
ダイエット・栄養指導・体力増強・姿勢改善
パーソナルコースの個別指導から小グループ、法人様の専属トレーナー契約まで

コメントを残す