ストレッチの方法

さて、今日は初めてストレッチについてお話しようとおもいます。

皆さんはどんな感じでストレッチをしてますか?実はストレッチにも沢山種類があるんです。
その内柔軟性向上を図るストレッチをご紹介いたします。
スタティックストレッチというもので、動きのないストレッチです。柔軟性向上を図るなら最低30秒は伸ばしましょう。これは筋肉の伸びに反射する筋紡錘の反応が30~40秒でおさまるからと言われています。

しかし、限界以上に伸ばしすぎると、今度は逆に痛さのあまり脳が危ないと判断し筋肉が硬くなってしまいます。

皆さん、柔軟性向上の為ならゆっくりリラックスしながら長めにストレッチしましょう。

本日も私は皆様の健康とスポーツライフとパーソナルトレーニングを一生懸命サポートいたします。

 

 

————————————————————————————–
パーソナルトレーニングで活動中のトーニングスペシャリストの後藤ロレンス
出張エリアは川口市・戸田市を中心に埼玉県内、東京都内各地
ダイエット・栄養指導・体力増強・姿勢改善
パーソナルコースの個別指導から小グループ、法人様の専属トレーナー契約まで

コメントを残す