しっかり体作りしてる人との違い

さて今日はしっかり体作りしてる人としてない人との差についてなのですが、今日ちょうどクライアント様と雑談をしていて思いました。
やっぱり全然違いますね、体作りしてる人としてない人とでは。別にアスリートでなくてもしっかり正しいトレーニングが継続的に出来てる人は日常の身体要求などでも高い水準を確保出来てます。階段1つにしても長い階段を登りきった所で息が切れてる切れてないの違いも如実ですね。
これは、科学的に説明がつくのですが、汎適用性能力や身体の適応などといい、身体は常に課せられる刺激に適応しようとするとても高性能なシステムを持っているのです。つまりそれを利用したトレーニングの原理が過負荷の原理です。さらには可逆性の原理に基づき継続させなければ意味をなさないのです。継続性の原則っていうものですね。

いゃぁ、人は死ぬまで成長出来る能力があるのです。それを妨げるのは本人の意識ですね。

ではでは、いつでも皆様の健康とスポーツライフとトレーニングを心からバックアップしていきます!なんでもご相談ください。

 




コメントを残す