中枢神経と筋出力

さて、いきなりですが、人の体はとても興味深いですね。人体内部には何重にも緊急対策機構が整備されているのです。ダイエットがなかなかうまくいかないのもそのリスク回避の能力が発令されているからです。

つまり人体は生存することが最優先事項なのである。

 

そこで中枢神経の話ですが、中枢神経はいろいろな仕事がある中筋肉の出力のコントロールも仕事のひとつ。そして日常は瞬間瞬間で関節の角度の応じて必要な筋繊維に運動を命じるが、それは多くも少なくも無く全くちょうどの運動単位数だけが動員されるのです。

アスレティックパフォーマンスや機能の改善、回復などはその運動単位のコントロールもしくは調整をすることにより変化を与える要因のひとつになるのです。

 

1つは反復の原則ですね。大切です。

それでは、本日も日本の健康とスポーツとパーソナルトレーニングの繁栄を願っています!

 

 

————————————————————————————–
パーソナルトレーニングで活動中のトーニングスペシャリストの後藤ロレンス
出張エリアは川口市・戸田市を中心に埼玉県内、東京都内各地
ダイエット・栄養指導・体力増強・姿勢改善
パーソナルコースの個別指導から小グループ、法人様の専属トレーナー契約まで

コメントを残す