寒さと消費カロリーの関係

寒いと震えてしまいますよね。あれは体温が下がり寒いと感じてくると生体はこれ以上体温が奪われないように下がらないように発熱しようとするのです。生理的な発熱の反射ですね。暖炉を燃やし続けるなら絶えず薪を投入し続けなければならないですよね?それと同じで、寒さのため体温を維持するためには沢山のカロリーを消費して体温を維持しなければならないのです。

ちなみに寒いときに震える震えでは1時間に300kcalの消費とも言われています。これは30分の走行におよそ匹敵します。その為に冬は余計にお腹が空くんですね。しかし現代は中途半端に環境がよくなってしまったので体は冬モードに入ってエネルギーを余計に使うために溜め込もうとするのですが暖房設備のせいで溜め込んだ本来発熱するためのエネルギーが使われないで、結果脂肪として保存されてしまうのです。

文明が生んだ弊害でしょうかね。

 

でもやっぱり暖房設備には感謝しますね。

 

明日も皆さんの健康ライフスポーツライフ、パーソナルトレーニングを応援いたします。

 

 

————————————————————————————–
パーソナルトレーニングで活動中のトーニングスペシャリストの後藤ロレンス
出張エリアは川口市・戸田市を中心に埼玉県内、東京都内各地
ダイエット・栄養指導・体力増強・姿勢改善
パーソナルコースの個別指導から小グループ、法人様の専属トレーナー契約まで

コメントを残す