運動生理学~基本

基本勉強をしたいと思います。
運動生理学の基本です。

皆さん、人間の運動の内の一番元となる運動とはどんなものかご存知ですか?といってもこれだけでは難しいかもしれませんけど。
運動はエネルギーがなければ運動はできませんが、そのエネルギー供給系から考える運動の種類には2種類が存在します。※エネルギー供給系についてはまたお話いたします。
1つは「エアロビクス(有酸素性運動)」ともう1つは「アネロビクス(無酸素性運動)」となります。

有酸素性運動は主に有酸素性反応によって運動のためのエネルギーを供給します。酸素を利用してエネルギーを供給するわけですから、長い時間の運動が可能になります。しかし、長い時間の運動が可能だが強度はそれほど強くないのです。
一方、無酸素性運動は、無酸素性反応によってエネルギーを供給します。無酸素性反応は、クレアチンを分解する非乳酸性反応と、グリコーゲンを分解する乳酸性反応とあります。どちらも筋中に存在する物質を分解する事によってエネルギーを供給します。無酸素性反応が供給するエネルギーは有酸素性反応に比べると大きくなります。発揮できる力も大きなものです。しかし、筋中の限られた物質を使うので運動の持続は長くは出来なくなります。
以下まとめてみました。
・有酸素性運動は比較的低強度で長時間続けられる。
・無酸素性運動は高強度で短時間しか続けることができない

 




コメントを残す