頑張り屋さんの弊害

運動は体にとって沢山のプラスの影響をもたらしますね

でも仕事も遊びも、そして本題となる運動も休養ありきなのです

語弊があっては申し訳ないのですが

日本人にはまだ「がむしゃら」「根性」がなかなか抜け切れないところがあります

 

では、もし「がむしゃら」に頑張って休みは悪とばかりに続けられると

どうなるのでしょう?

専門用語では「オーバートレーニング」と呼ばれます

 

「オーバートレーニング」にはじつは2種類あるのです。それを挙げてみます

瞬発系競技者に多く

質の高いトレーニングで起こるものを

バセドー病的オーバートレーニングと言います

 

反対に、持久的競技者に多く

量の多いトレーニングで起こるものを

アジソン病的オーバートレーニングと言います

 

バセドー病的症状

 

・少し疲労しやすい
・興奮性
・不眠性
・食欲の減退
・体重の減少
・発汗しやすい
・夜間に手が湿る
・頭痛
・動悸、心臓の圧迫、心臓のさし込み、静 止時での心拍数の増加
・わずかに体温が上昇
・顕著に紅くなる皮膚絞画症
・負荷後の心拍数の静止値への回復の遅れ
・血圧に特徴なし

・負荷後の異常な過呼吸
・感覚刺激(特に音響)に対する過敏
・運動経過の協調性の低下、しばしばずれ を伴う震え
・回復の遅れ
・内的不安、いら立ち、うつ状態

 

 

 アジソン病的症状

 

・少し(異常に)疲労しやすい
・抑制的
・不眠ではない
・食欲は普通
・体重は一定
・正常な体温調節
(-)
・正常な頭(頭痛はない)
(-)

・正常な体温
(-)
・負荷後の心循環のすみやかな回復
・しばしば負荷時および後の心臓拡張期血圧 の上昇、100mmHg以上まで
・呼吸に困難なし
(-)
・ぎこちなく協調性の不十分な運動経過(最 高負荷強度でのみ見られる)
・良好な回復能力
・不活発、正常な気分

 

 

症状の改善方法

バセドー病的オーバートレーニング

  • トレーニングを大きく抑える。水泳、楽しいゲーム、軽い弛緩体操。
  • 軽いマッサージ
  • 中程度の温度の入浴
  • 軽い紫外線照射
  • 穏やかなサウナ
  • 場合によっては精神薬剤
  • 心理療法:リラックス

アジソン病的オーバートレーニング

  • トレーニングの量を抑える。わずかな高強度負荷
  • 強めのマッサージ
  • 短時間の急激なサウナ。冷水浴をはさむ。
  • ジェットシャワー、炭酸ガス浴
  • 薬剤は使わない
  • 心理療法:活性化

 

いかがでしょうか?参考になれば幸いです。

 




コメントを残す