筋肉の種類?

皆さん、筋肉ってどんなものか知ってますか?

そう、筋肉は腕を動かしたり走ったりする時に必ず動くものです。

皆さん筋肉は脂肪とは別物くらいは分かりますよね。では、筋肉っていったい何でできてどうやって縮んだり伸びたりするのでしょう?

まず、筋肉の構成成分です。

筋肉は約70%の水分と約20%のたんぱく質と10%の脂肪と微量成分からできているのです。人体の45%近くも占める巨大な器官です。そして人体には一番割合の多い「骨格筋」、そして食べたものや腸の動きなど担う「内臓筋」、最後に忘れてはならないとても大切で命を支える「心筋」です。

さらにそれらの筋肉は「横紋筋」と「平滑筋」とに別けられるのである。骨格筋と心筋は「横紋筋」で内臓筋は「平滑筋」で、そしてそして更に、内臓筋と心筋は「不随意筋」、骨格筋は「随意筋」と分類されるのである。

骨格筋には、「羽状筋」「半羽状筋」「紡錘筋」「多腹筋」「二頭筋」「三頭筋」「四頭筋」、平滑筋には「縦走筋」「輪走筋」「斜走筋」があります。



コメントを残す