中医学の不思議

皆さん経絡(けいらく)って知ってますか?
そう、鍼灸師の方々は常識ですよね。
これは自分もクライアントさんのケアをしたり調整をしたりするときよく使いますね!
簡単に言うと体内に何かの流れるネットワークのようなものですね。
その何かとは気血というエネルギーですね。
身体の不調や病気は、この気血の流れが滞る(於血という)ことによると考えられてるのです。
では、経絡はどんなネットワークなんでしょう?
経絡というネットワークは全身に14のネットワークがあるのです。
まずはあとで紹介する六臓六腑に連絡する正経12経絡と体のの前側の正中線を通る任脈と後ろ側の正中線を通る督脈の合わせて14の経絡が巡っているのです。
ちなみに六臓/陰には、肺、脾、心、腎、心包、肝。六腑/陽には、大腸、胃、小腸、膀胱、三焦、胆の臓府があるのです。
まだまだ奥が深すぎて書ききれませんね。
皆さん経絡は健康と美容にはとても関係が深いですので覚えると便利かも知れませんね。




コメントを残す