月経の話



女性は、妊娠していなくてもよく体調が変化します

その1つに月経による体調の変化です

 

月経が起こるにはまずは脳(視床下部から刺激を受けた脳下垂体)からの

性腺刺激ホルモンが放出されます

これがゴナドトロピンというのですが

これには2種類あり1つは卵胞刺激ホルモンともう1つは黄体化ホルモンがあり

この2つのホルモンが連携して卵胞の成長と排卵を刺激します

そして更に卵巣を刺激して卵巣ホルモン(エストロゲン)を分泌し排卵が促進

この時期になるとエストロゲンの作用で脂肪が溜まりやすくなります

 

そして排卵が起こると今度は卵の元になる黄体が出来てきます

この黄体からまた別のホルモン、黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌されます

しかし一定期間受精しないと黄体は萎縮して黄体ホルモンは減少して

月経が起こるのです

 

1ヶ月のなかでこれだけホルモンが入れ替わりをしているので

女性は無意識レベルで体質の変化、情緒の不安定などが起こりやすくなります




コメントを残す