筋肥大のためのトレーニングスケジュール




これは必ずしもこれでなければいけないということの説明ではなく

あくまでも「スタンダード」なところをご説明いたします

 

スポーツの先進国のアメリカのスポーツ医学会が提唱している基準は

まずは負荷は1RM(MAX拳上重量)の65%で限界の回数か

それに近いくらいの回数を持ち上げることです

そしてこれを最低3セット

これが世界標準だと言われています

 

しかし、トレーニングの熟練度や

目的などによってはこれが必ずあてはまるとは言えません

これはあくまでも筋肥大を目的として

さらに世界の平均値をとった「スタンダード」なのです

 

個人差はありますので、メニューなどは専門家と一緒に作るほうが良いでしょう

 




コメントを残す