大きな筋肉を鍛えると末端も鍛えられる

トレーニングのルールに必ず大きな筋肉から小さな筋肉

というのがあります

 

見た目だけ気にして前腕だけや二頭筋だけを鍛える人もいますが

私たちの体にはあまりいいことではないです

 

運動というのは体の中心の大きな筋肉

もしくは足から発生したエネルギーを大きな筋肉が伝達して

末端の小さな筋肉がそのエネルギーに耐えながら完了するものです

 

大きな筋肉を鍛えないで小さな筋肉ばかり鍛えていると

体に障害が起きやすくなります

 

また大きな筋肉を鍛えていても

マシンのような小さな筋肉の影響が少ないトレーニングばかりしていると

これもまたバランスや障害になりやすくなってしまいます

 

逆にしっかり大きな筋肉を鍛えることができていると

末端も自然と鍛えられるのです

 

これは生理学的にもしっかりと理由があり

これは「効果の転移」という現象があるのです

 

まず大きな筋肉や下半身のトレーニングを行った後

腕や小さな筋肉をトレーニングすると

その筋肉まで強く太くなるという現象がおきます

これは大きな筋肉や下半身のトレーニング効果が

腕などにも影響を及ぼし「効果の転移」が起きたのです

 





コメントを残す