大胸筋をバランスよく鍛える

男子は厚い胸板というのはとても憧れますよね。女子も男性の厚い胸板はやはり嫌いな人はいないと思います。

 

そこで立派な大胸筋の鍛え方ですが、大胸筋は動かす腕の開き具合や上下などによって使われる場所も少しずつ変わってきます。特に上下では解剖学的にも中央付近に腱が伸びているため明確な区別が可能です。

 

そこでバランスよく大胸筋を付けるにはまずはベンチプレスや腕立てのように体に垂直に押す動きは大胸筋の中央から下部に効いて、体を少し起こして上の方に押し上げるような動きは大胸筋の上部の効かせることができます。

 

とくに上部の筋肉は全体的な厚み感をつくるには重要な筋肉です。

 

そして、大胸筋の内側や外側に効かせたい場合はフライ系やグリップに幅を狭くしたり広くしたりして行うといろいろな刺激を作ることができるようになります。

 




コメントを残す