筋肉の成長を邪魔するものは?

実は筋肉の成長を邪魔する物質があるのを知ってましたか?それは「ミオスタチン」もしくは「マイオスタチン」というたんぱく質です。
これは筋肉が止めどなく増えていけば異常に太くなりすぎたり癌細胞までも増やしてしまうことになってしまう現象をふせぐ、いわば制御装置のような働きがあるのです。これで体内では筋肉を増やす反応と抑制する反応がバランスよく働くわけです。

 

でもこのミオスタチンは動物実験で筋肉に強い刺激を与え続けるとミオスタチンの分泌量が減ることが確認されたのです。これを人間に
応用すると、筋力トレーニングなど強い刺激を行っていくうちにミオスタチンの分泌が減っていき、これと反対に筋肉の増殖を「ON」に
する反応が優位になり筋線維が太くなっていくことが確認されているのです。

 

ですから筋肉を大きくしたければ強い刺激でトレーニングし続ければ筋肉はどんどん太くなるという科学的な証明なんですね!

 




コメントを残す