年を取っても筋肉のスピードは落ちない?!

実はこれは本当の話なんです。

 

人は年齢を重ねると誰でも動きが遅くなります。これは主に筋力の低下によるものです。筋肉の中で弱りやすいのは意外だと思いますが太ももの前側の筋肉「大腿四頭筋」が一番弱りやすいんです。

 

研究では筋肉は25~30歳をピークに1年につき1%ずつ細くなっていくのです。これは小さいようですが計算すると80歳になると
50年経過してるので50%つまり30歳の時の筋肉の半分にまで減ってまう計算なのです!今まで2本足で生活していたのが1本足に なったようなものですから動きが鈍るのも無理もないですね。

 

しかし、研究では筋肉のそのもののスピードは影響を受けないという研究結果が出ているのです。ということは年齢とともに動きが鈍る
のを防ぎたければ筋力トレーニングをしてできるだけ維持させることが必要ということですね。

 

日ごろからの積み重ねでちょっとしたことでの転倒での大怪我を防ぐことにもなりますね。

 




コメントを残す