「打ち身」のメカニズム?

単純にいうと、体に強い衝撃が当たったことによって、内部の毛細血管が破れて皮下出血や内出血がおきた現象なんですね。

 

しかし、これって鍛えられるんです。

 

筋肉に限らず人体は力学的な刺激が強くかかるところでは、結合組織が発達するという特徴があるんです。つまりバレーボールなど初めは痛くて内出血するけど経験を重ねれば痛くなくなり内出血もしなくなる状態ですね。




コメントを残す