「肩こり」のメカニズム?

一般論としては、持続的な筋肉の緊張によって筋肉の中の循環が悪くなり、硬い状態になると言われています。つまり血行不良ですね。
解決にはやはり僧帽筋という筋肉にストレッチ、運動、などが必要になってきます。

 

更に予防としては負担のかからない姿勢を作ることがポイントとなってきます。

肩こりの原因となる「僧帽筋」は大きな筋肉で、その働きはボウリングの球ほどもある重さの頭部を

常に支えることと、更に両脇にぶら下がっている腕を

これまたかなり重いものをたった1つの僧帽筋という筋肉で四六時中引っ張り支えるというのです

から肩こりになるのも理解できます。

 

それなのに首が前に出ている場合、落ちそうになる頭部を支えなければならない状況や

腕をあまり動かさないでぶら下げてばかりいる状況が続けば

こりゃ完全に僧帽筋がパンクして肩こりになってしまうんですよね。

 

だから予防としては頭部を首の上に真っ直ぐ乗っけて負担を減らしてあげることと

適当に腕を挙げたり、動かしたりして血行を保つことなんです。

 



コメントを残す