プロアスリートとして?

プロの運動選手って、技術やスコアだけがよければそれでいいのでしょうか?

 

プロとは何かしら世間に影響力のある存在だと思います。

 

ということは常に観られているということを意識しなければならないと、感じます。

Photo credit: taimages via VisualHunt / CC BY

Photo credit: taimages via VisualHunt / CC BY

プロのアスリートは「かっこいい・やっぱりプロは違うな」と思わせなければ、それもプロではないと思います。

 

どんな競技でも、試合こなして強くて成績を残せばいいという時代は終わりました。

 

そこには品格、知性、立ち居振舞い、姿勢、そして体形もしかりだと思います。

 

やっぱりトップになる選手は精神もトップだと見ていて断言できます。

 

威張っていたり、傲慢であったり、食事に無頓着だったり、リスペクトの気持ちがなければプロではないと思います。

 

プロのアスリートも競技選手であるまえに人間としてプロでなければ本当のプロとは言えないのではないでしょうか?

 




コメントを残す