ふくらはぎを鍛えて血行改善

皆さん、ふくらはぎって別名なんというかご存知ですか?

 

もちろん筋肉の名称は腓腹筋とヒラメ筋、あわせて下腿三頭筋なのですが、それ以外に呼び方があるのです。ふくらはぎの役目を表しているのですが、分かりますか?

それは「第二の心臓」と呼ばれているのです。

 

ふくらはぎは筋肉の作用で心臓から遠い、しかも重力の影響で下がっている血液を送り返すという大切な働きをしてくれます。これを「ミルキングアクション」というのですが、この働きによって血流は上手く保っているのです。

 

しかしふくらはぎの筋肉が衰えていると、この働きも弱まり血流が弱まり、むくみや疲れやすくなったりします。

 

血液の循環の役割は、全身へ酸素を送り栄養を送り老廃物の除去や免疫組織の循環までととても重要なのです。そのカギを握るのがふくらはぎなのです。

 

しっかり鍛えて柔軟性を上げて、健康な足、そして健康な体、健康なこころにまでなっていければいいですね。

 

そしてその鍛えたふくらはぎで正しいウォーキングをすれば鬼に金棒なのは言うまでもありませんね。

 




コメントを残す