女性アスリートの抱える3つの主徴

9617766509_e742fcb273_b

 

女性アスリートは男性アスリートと違って身体的心理的に様々な変化が現れます

特にその中でも3つの事が兆候があると言われています

 

それは「女性アスリートの3主徴」と言われています

3つの主徴は①摂食障害の有無に関わらない利用可能エネルギーの不足 ②視床下部性無月経 ③骨粗鬆症

です

 

女性はホルモンのバランスや体調などですぐに脂肪がつきやすくなったり

身体が重くなったりします

よって男性より食事に過剰に敏感になり

食べないというような行為になりがちです

それだけでなく種目によっては厳しい体重制限のある種目ともなると厳しいダイエットを強いられることもあります

 

そのようなことから女性アスリートは男性よりも食事によるエネルギーの不足にとても陥りやすいのです

と同時に栄養バランスも崩れがちです

アスリートは一般人よりもエネルギーを必要とします

消費が多くなります

その分たくさんのエネルギーを摂らなければエネルギー不足にすぐに陥ってしまいます

 

さらにそれだけではなくエネルギー不足が続き過ぎると体内のバランスが崩れ

視床下部性無月経ということが起こってしまいます

いやゆる生理がこない現象です

エネルギー不足が続くと女性ホルモンの分泌が弱くなり

そのために月経が止まってしまうのです

そして女性ホルモンの分泌が弱くなってしまうと骨まで弱くなってしまうので

 

 

これらのことから日常的なエネルギー不足(栄養バランスも含めて)が積み重なると

月経もなくなり骨も弱くなるという悪循環になってしまうので

骨が弱くなると疲労骨折などの怪我が増え

選手生命にも影響が出てしまいます

 

ですから毎日の摂取と消費に見合ったエネルギーはしっかり充足させましょう

 

毎日の積み重ねですね!

 




コメントを残す