筋肉の構造

筋肉は役割に応じて様々な特性を持っているんです。

 

まずは構造からですが、肘や膝の伸展に作用する多くの筋肉は「羽状筋」といって、線維が羽のように並んでいるのが特徴で、羽状筋は断面積あたりの筋線維が多いので筋力を発揮するのに向いています。

 

じつはヒトが重力に逆らって姿勢を維持したり運動したりするのには関節の伸展が欠かせないため筋力を発揮できるとても必要な構造になっています。

 

これとは逆に関節の屈曲にに作用する筋肉は、反射など素早く動かす必要が優先であるため、「紡錘状筋(並行筋)」と言って筋線維が平行に走っている構造をしています。




コメントを残す