アレルギー表示、当事者には深刻

皆様、おはようございます!

スポーツトレーナーで健康管理士でもある後藤ロレンスです!

 

最近はなんだか鼻水がズルズルします。そうか、、、、、そんな季節か、、、

はい、花粉症を持っている生粋のアレルギー体質の私です。え?秋に花粉症??そうなんです、秋にもあるんです。。。。涙

 

 

話はさておき、アレルギーといったら、最近消費者庁と政府広報との間に認識違でが混乱を招いてしまう事態が起きましたね。マニアックな話題なのでほとんどの人は知らないかと思いますが。。

どんなことが起きているかというと、アレルギー表示の一括表示をするか個別表示をするかということなのです。

どういうことかというと、一括表示は食品の中にアレルギー物質が混ざっている場合など、一括表示すること。お弁当や個包装など食品を取り分けらる場合などは個別表示すること。という感じのことなのですが、消費者庁は個別表示が原則としているのに対して、政府広報は一括表示を前提での説明をしているのです。

いずれにしてもアレルギー物質を表示してくれるのは良い事なのですが、より消費者にメリットのあるようになってくれれば良いだけの話ですね。

同じ国なのに管轄が違うだけで、話に統一性が無いのが、私はとても心配なところです。国の出している情報を正直に信じれないですね。

 

情報は自らの責任で選んでいく時代ですね!




コメントを残す