やさしいタンパク質の考え方(プロテイン)

今日はやさしいタンパク質のお話をしたいと思います。

つまりはプロテインですね。

まずは基本からですが、私たちの日頃摂取しているタンパク質ってどんなものがありますか?
豚肉、牛肉、鶏肉、マグロ、サーモン・・・・・
それだけじゃないですね。

有名なのは大豆。その他豆類、穀物、イモ類、一部果物にまでタンパク質が含まれています。
でも大豆は「畑の肉」といわれるからなんとなくそうだと思いますが、なぜ穀物や果物までタンパク質に入るの??

そう思われた方も沢山いるでしょう。

タンパク質はザックリ分けると動物性タンパク質と植物性タンパク質に分けられます。
そのタンパク質って、もっと分子レベルまで見てみると、実はアミノ酸集合体なのですね!
アミノ酸??

そう、この世の中には500種類くらいアミノ酸は存在しているのですが、人間が必要なアミノ酸はたった20種類だけなのです!

動物性以外にもタンパク質があると言ってのはこのことによるのです。

食物には沢山アミノ酸が含まれています。とくにお肉系は組成も人間に近いことから、人間に必要なアミノ酸20種類がバランスよく含まれていいるのです。

これをアミノ酸スコアといいます。

そういう理由から少しはアミノ酸スコアが低いけど植物性の豆類や穀物、芋、果物にもアミノ酸は含まれているということなのです。

お肉はとても簡単なタンパク源ですが摂りすぎることでの弊害も多々あります。
タンパク質はお肉ばかりにたよらずに植物性も豊富に摂ると植物に含まれるほかの恩恵にも沢山与れるのですね。

まとめますと、やさしいタンパク質の考え方は、タンパク質というものは動物性と植物性があるが、そもそもタンパク質はアミノ酸から構成されているので、元は同じ。
動物性と植物性をバランスよく食べることが健康の源という感じですね。

いかがですか??
穀物や果物からもタンパク質(アミノ酸)は摂取することが出来るんですね。

 

 

 

私はいつでも皆様の健康とスポーツライフとパーソナルトレーニングを応援しております。

———————————————
パーソナルトレーニングで活動中のトーニングスペシャリストの後藤ロレンス
出張エリアは川口市・戸田市、埼玉県内、東京都内各地
肉体改造・栄養指導・体力増強・姿勢改善・ダイエット
パーソナルプライベートトレーニングから小グループ、法人様向け健康コンサルティングまで
070-6488-0062
customer@miraclebody-lorego.com

ホーム

コメントを残す