低体温と糖質カット、ビタミンミネラル不足、そして筋肉不足の関係

最近低体温の人が増えてきているらしいです。

私は平熱は37.0℃くらいなのですが、低体温の原因として糖質不足、ビタミンミネラルの不足、そして筋肉の不足が大きく関わっていると思います。

糖質は熱量を発生させるいわば燃料、そしてその熱量を燃焼させ使用するのが筋肉なんです。

しかし、あともう1つ、その燃料とエンジンにあたる筋肉が効率よくしかもスムーズに利用されるにはビタミン、ミネラルが必要不可欠なのです。
エンジンがスムーズに動くためには潤滑油やグリースやクーラントなどが必要と同じように筋肉にはミネラルバランスが必要、そして燃料がうまく燃えるために必要なのは酸素や燃料の供給、などが必要と同じようビタミンが必須なのです。

神経伝達や細胞分裂や筋肉などはとてもミネラルを必要としているので。

そして最後に沢山筋肉を使い血液循環が活発になればボイラー機能となり冷え症、低体温は解決されるのです。

 

ファスティングをすることでこの体内バランスが乱れて冷え性が悪化なども私のところに相談が寄せられます。1日など極短くの断食は良いかもしれませんが、やりすぎると身体にかえって負担を与えてしまいかねないです。

材料がないと身体は作られないですからね!

 

 

 

私はいつでも皆様の健康とスポーツライフとパーソナルトレーニングを応援しております。

———————————————
パーソナルトレーニングで活動中のトーニングスペシャリストの後藤ロレンス
出張エリアは川口市・戸田市、埼玉県内、東京都内各地
ダイエット・栄養指導・体力増強・姿勢改善
パーソナルコースの個別指導から小グループ、法人様向け健康コンサルティングまで
070-6488-0062
customer@miraclebody-lorego.com

ホーム

コメントを残す