筋肉は使わないと・・・・

身体の為にできることといえば沢山ありますが、代表的なのは筋肉を使うことでしょう。

知ってますか?筋肉って使わないとだんだん弱くなるのはもちろんですが、だんだん硬くもなっていってしまうんですよ。

運動不足の人は体力もなければ柔軟性もほとんどないんです。ただし昔バレエとかダンスとか体操、とかなにかやってた方は比較的柔軟性が残っていたりしますのでそれだけでは判断できなかったりしますが・・・

筋肉の大切な能力は収縮と伸長です。伸長、つまり柔軟性ですね。この収縮力と柔軟性に富んだ筋肉こそがとてもいい、優秀な筋肉、イコール優秀な体なのです。

そして、柔軟性を上げようと必死にストレッチばっかりやっても筋肉自体が弱っていると逆効果なんです。

柔軟性を上げようと思うなら、伸ばしたい筋肉をいっぱい使って強くして、そして同時に柔軟体操を取り入れる事なのです。

どうですか?身体の為に出来る事です。

 

身体は必要なものは作り、残し、不必要なものは切り捨てるというとても合理的なシステムが確立されているのです。

 

いつまでも元気で若くいたければ、身体に「これは必要」「あれは必要」と認識させ続ける必要があるんですね!その認識方法はもちろん使ってあげるということですよね。身体がまだ必要性があるんだなって思い出させてあげなきゃなんですよね。

1日中ゴロゴロ、仕事でもデスクワークして身体動かさない、食べるばかりで動かさないと脂肪も付きやすくなってしまいます。だって身体は食べたエネルギーは使う必要がないと認識して、生存のために溜め込もうとしちゃうんですから。運動しまくる人は身体は食べたエネルギーを使わなきゃ持たないと認識するから溜め込むことより使うこと優先にしてくれますからね。

 

私はいつでも皆様の健康とスポーツライフとパーソナルトレーニングを応援しております。

———————————————
パーソナルトレーニングで活動中のトーニングスペシャリストの後藤ロレンス
出張エリアは川口市・戸田市を中心に埼玉県内、東京都内各地
ダイエット・栄養指導・体力増強・姿勢改善
パーソナルコースの個別指導から小グループ、法人様向け健康コンサルティングまで

コメントを残す