関節はゆっくり適応する

急に運動を始めたり、無理に負荷を上げたりしたら関節を痛める可能性が高くなります。

関節は使われることで適応します。さらに可動域をいっぱい使ってあげることで成長するのですが、これもいきなり拡げてしまうと痛めてしまいます。

特に膝は一番体重やフォームなどで影響を受けやすいです。ここは焦らずゆっくり慣れさせることが重要になります。

徐々に可動域を拡げたり、ウォーミングアップを入念にしたり、負荷を徐々に上げたり、という具合です。

でも心配しなくてもゆっくりですがちゃんと成長し追いついていきます。

 

知識や技術が無い人は焦ったり、自分のレベルをわきまえずに無理してしまうことが多いんですね。強度設定やフォーム調整は慎重です。

なんでもいきなり成長するものでもないですし、適応もすぐにはいきませんよね。

 

 

私はいつでも皆様の健康とスポーツライフとパーソナルトレーニングを応援しております。

———————————————
パーソナルトレーニングで活動中のトーニングスペシャリストの後藤ロレンス
出張エリアは川口市・戸田市を中心に埼玉県内、東京都内各地
ダイエット・栄養指導・体力増強・姿勢改善
パーソナルコースの個別指導から小グループ、法人様向け健康コンサルティングまで

コメントを残す