動作の改善 其の弐

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 立ったりね 座ったりね ジャンプしたり 階段上ったり   色々動作はありますね スポーツの現場でも 日常の動作でも     今回も日常生活での動作を分析してみましょう 今回は「階段」   階段を上るという行為 これはとても機能的にすぐれた動作です 足を引き上げる 踏み込む 体重を片足に乗せて体を持ち上げる そして次の足 という風に     階段を上るという動作を分析すると 主に使われる筋肉は大殿筋とハムストリングスです 補助として大腿四頭筋や中小殿筋 なども使われます 片足のバランスも必要になりますよね   階段を上るということは二足歩行の基本的な体力の養成にとても有効なんですね!   ただし、これは対談...
More

動作の改善 其の壱

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 日常生活 スポーツ動作 仕事中   生きている以上 生活している以上 様々な動きをしていかなければならないですね   まず日常生活では 物を拾う、もしくは持ち上げる 歩く 立つ 走る というような感じですかね     今回は歩く、立つ、走るは置いておいて 物を拾う に関して分析してみましょう   物を拾う行為 これは主に脚腰の筋力が必要になります この筋力 とくに脚力の筋力が落ちると脚を使おうとせず 腰だけを折り曲げて物を拾いに行きます こうなると腰にばかり負担がかかることになります 腰痛を起こす原因にもなります インナーマッスルである腸腰筋も使われなくなり 姿勢も悪くなっていきます   改善のためにはまずしっかりスクワット...
More

引締めの為の産後意識

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); なんでもそうだと思いますが 意識するところからものはスタートすると思います   産後の引締めも意識からスタート は変わらないです   ほとんどの経産婦さんもそうですが 産後は本当に関節類、腹筋類(妊娠により引き伸ばされるから) 背中の丸みなどゆるむ所は多いですし事実です   しかし放置しててもクセとして残ってしまいます かといって変えたいと思っても思うだけでは変わらないです しかも育児で忙しい・・・・   このような状況はほとんどそうだと思います   そこで大切なのは「意識」です 引締めるというのは、イコール筋肉なのです 骨盤周りにも筋肉は沢山ありますし、腹筋や腰回りにも筋肉だらけです   その筋肉を意識することと、気になる所の筋肉がより使われるようにすること これらの...
More

肩をデッカク!

google_ad_client = "ca-pub-5572825063321811"; google_ad_slot = "3558371882"; google_ad_width = 728; google_ad_height = 15; 肩がデカいのは男を感じさせますね   上半身の上部と腕は特に男性ホルモンの影響で大きくなる場所です 女性と男性の性差は体のいくつかの場所で表れてますが 上半身上部と腕はその一つです   ですので大きな肩は男性を演出し、たくましいシルエットを作るのです   肩は腕を拳上したり回したりする時に常に使われます トレーニングもその動作を取り入れているものが多いです   肩はとにかく発達させるのが難しい部位です かといってがむしゃらにやると故障しやすい部位でもあります   デリケートなんですね ですから、尚更正しい指導が必要になるのです ...
More