防災エクササイズ

主旨

 

防災エクササイズは、後藤ロレンス個人が2013年9月6日に商標登録の取得に成功しました。

 

防災エクササイズは災害時に必要な知識、体力、想像力、を普及していくための事業として、発案。主に公益事業、社会活動の要素が強い印象です。

 

実績

実績はまだまだ少ないが、この2年間くらいの間で3~4件ほどはあります。内容は30分~90分くらいの講座形式でお話と実技を交えた、講義を開催。主催はいずれも行政もしくはNPO団体などの公共性の団体からの依頼でした。

 

コンセプト

 

キーワードが2つ。「想像力」と「体力」。

コンセプトじたいはとてもシンプル。複雑なものではないです。災害時は余計なことは考えている時間はないので、何が一番生き残るのに必要かを考える場合、複雑なものは現実的には実行が難しい。このような考えから、いかにシンプルで原始的な感覚、人間としての本来の野生の能力を鍛えていくことが大切だと考えています。想像力を働かせ、体力をしっかりつけていく、これが最大のコンセプトとしています。